ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸は熱に弱い?

葉酸は熱に弱い?

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。

 

ですから、調理法にポイントがあります。

 

出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱しなければいけない場合、長時間の加熱は避けて、熱は通す程度にした方が良いと思います。

 

もし面倒だな、と感じる方は葉酸のサプリメントを活用するのが手間がかからず良いと思います。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。

 

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が大切な期間という訳です。なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

 

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのはちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ませられますね。

 

葉酸 無添加 人気